恵比寿大黒屋日記

アクセスカウンタ

zoom RSS もがいて、さけんで、さようなら

<<   作成日時 : 2008/01/19 22:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

、、、あ、そうか

と、気がついた。
2/16呉での寺内さんたちとのパフォーマンス。
Davidがいくつか候補を送ってきた中から選んだというタイトルが
「もがいて、さけんで、さようなら」。
最初チラシ見て、「えらい悲惨なタイトルじゃね〜(笑)」
思い浮かべたのは、拷問されて死んでいく囚人か捕虜。
でも、今日思い返していたら、あ、なあんだ、って
昨日は大野一雄ナイトだったのにすぐ思いつかなかった自分がアホだ。
「もがいて、さけんで、さようなら」
それってこの世に生まれて、生きて、死んでいく
つまり生命そのもののことじゃん。
そう思ったら、さようなら、も悲しくないな。
無数につながり続ける「生命」の連環を思えば
「さようなら」と言える人がいるということは
自分が死んでも後に残って生きていく人がいるってことだ。
それって、幸せかもって思う。
「人類最後のひとり」なんてなりたくないよねえ。
もがいて、さけんで、そう、生きていくってそんなもんだと思う。
もがくこともさけぶこともできなかったら
生きていく価値なんかない。
なんで、このタイトルは前向きなメッセージととらえたい。
ま、Davidとはまだ面識もないので
彼がどんな意図でつけたタイトルなのかわかんないけど
自分としてはそんなイメージかな、と
皆目何がどうなるか情報の無い中で
ちょっとだけとっかかりができて勝手にホッとしているところです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
もがいて、さけんで、さようなら 恵比寿大黒屋日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる