恵比寿大黒屋日記

アクセスカウンタ

zoom RSS お知らせいくつか

<<   作成日時 : 2008/07/04 01:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

お時間ある方は是非是非に!

とりあえず何度かお知らせしてきましたが
迫ってきました

谷本仰・フクヤマワタル DUO DIALOGUES

7/17(木) フェアトレードカフェ パコ(広島市中央郵便局向かい)
7/18(金) PLAN-U (呉市営バス「三津田橋」バス停前)
いずれも開場18:30、開演19:00
前売2000 当日2500
問い合わせ 090-6437-6210(カケ)
*18日呉ライヴでは寺内大輔さん、三宅珠穂さんも出演です

先日北九州でのライヴに行ってきましたが
ノホホンとしたノリの中
バイオリンとベースの二人から
様々なジャンルの音楽が繰り出されてきます。
とにかく「音が楽しい」こと請け合い。
なんというか
いとおしいデュオです。
構えて聴くようなライヴじゃありませんので
気軽にお越し下さいませ。

***

一転、こちらは少し重いかもしれませんが
(以下転記)

ノンフィクション・ステージ
「哀しみの南京―地獄のDECEMBER」

作・構成・演出・美術・出演:IMAGINE21・渡辺義治・横井量子

南京事件の数々の証言を再構成し、男女ふたりの俳優が演じる、約二時
間半におよぶ緊迫の舞台好演です。多角的な証言を複数的に舞台化して
いくことによって、1937年12月の南京で何が起きたのか、
立体的に再現する試みです。
昨年、既に日本国内30カ所、上海、南京、ニューヨークで公演
し、大きな反響を読んでいるステージの、広島初演となります。
1947年に生まれた渡辺義治さんは、中国に赴いた職業軍人のご子息。演
劇人として過ごしてきた彼が、渾身の力で作る舞台です。

【演目】「哀しみの南京―地獄のDECEMBER」(プロローグ・
2幕11章・エピローグ)

【日時】2008年7月9日(水) 
昼 13時半(開場) 14時(開演) 
夜 18時(開場)  18時半(開演)
【場所】アステールプラザ中ホール 082 -244 -8000

【チケット】大人3000円(当日3500円)、中高生
1500円(当日2000円)
      デオデオでも取り扱っています。

【主催】「地獄のDECEMBER」を見る会
【後援】 中国新聞社 RCC中国放送 広島テレビ 浄土真宗本
願寺派安芸教区 基幹推進委員会平和環境部会 広島YWCA
【お問い合わせ】 090-4750-4097(盛谷 モリタニ)
080-5506-2295 (渡辺)

*南京事件という大きな素材を
たったふたりの役者さんで一体どう表現されるのか
かなり興味津々な舞台です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
お知らせいくつか 恵比寿大黒屋日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる