恵比寿大黒屋日記

アクセスカウンタ

zoom RSS タムラ・ド・ヒサシィ・ソロ

<<   作成日時 : 2008/11/26 23:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

11/30 17:00開演

現在休止中のフン賊の芝居を見に来て
その後「フン賊」に入れてください!
とやってきた学生がタムラ・ド・ヒサシィであった。
フン賊が活動休止を決めた直後だった。
だいたい間の悪い男なのである。
ブキヨーな男なのである。
ブキヨーで間が悪いが憎めない男なのである。
フン賊活動休止決定後
何のアテも無いまま私が一人で始めた単独旅行舎に引っ張り込んだ。
伊勢のミキさんからお呼びがかかって
単独旅行舎の初のパフォーマンスは私と彼の二人でやったのだった。
タムラは大学でダンスの「研究」をしていたが
「研究より自分でやりたい」と飛び込んだこの世界。
ブキヨーで間が悪いなりに
ダンスや芝居や、いろいろ首を突っ込んで奮闘してきたタムラ・ド・ヒサシィ。
とりあえず何でもやってみよう!と
気後れせずに飛び込んでみるのはこいつのいいところ。
飛び込んでから勝手が分からずパニクって「あわわ」と固まったりするのもご愛敬。
パニクりながらでもとにかく逃げずにその場でやりきろうとする
だからパニクって失敗しても、これがまた憎めない。
そんなここ数年を経て
ついに初のソロ公演。
右も左もわからんときにまずやってきたのが私のところだっただけに
別に師弟関係とかいうわけではないけれど、何となくドキドキはします。
こちらも長年の仲間である上杉知弘が
政情不安の続くグルジアで今年撮影してきた、まさに「今」のグルジアの映像と
どう取っ組み合ってくれるのか。
そういえば私は上杉の撮ってきたアウシュビッツの映像を
「これで何かやってくれ」とぶつけられたこともあったっけ。
ちっぽけな自分一人に重くのしかかる圧倒的な世界の理不尽な現実。
あれは、いい経験になった。
タムラもこのグルジアの映像背負って
さてどうしたもんかと頭を抱えているこったろう。
きっといい経験になるはずだ。
みなさま、よろしかったら、是非見に来てやってください。
私も照明でお手伝いしてます。


ダンスの根源掘り下げ初のソロ公演へ

(中国新聞キャンパスリポート)

タムラ・ド・ヒサシィ ダンス公演「ねがい」
日時: 2008年11月30日(日)16時30分開場 17時開演
料金: 前売り1500円、当日2000円
場所: 山小屋シアター(JR山陽線横川駅近く。広島銀行横川支店向かい)
出演・振付・構成・演出: タムラ・ド・ヒサシィ
音楽: 竹内章吾、映像: 上杉知弘

*なお、この直後に横川シネマであるシカラムータのライヴとハシゴされる方
横シネさんのご好意で500円割引となります!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
タムラ・ド・ヒサシィ・ソロ 恵比寿大黒屋日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる