恵比寿大黒屋日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ゲージツの秋、ライヴの秋

<<   作成日時 : 2009/09/01 00:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

いよいよ盛りだくさん
てなわけで、再掲&追加でどどーっと

9/12 シカラムータ
ツアー最大編成で沸き立つ怒濤の大波!
ツインテューバの人力重低音でボディソニック祭り!
18:30 OPEN 19:00 START
at Cafe Teatro Abierto
広島市安佐南区八木9-10-40
前売・予約3500 当日4000
お問い合せ 082-873-6068 / 090-4896-0967(中山)
シカラムータHP
http://www.cicala-mvta.com/

9/21〜10/3
ブンメシ第五回公演「グリーン・ジャパン」
今回は山村を舞台の「青年土着劇」?
公演日程その他詳細はブンメシサイトでご確認ください
http://www.bunmeshi.com/

9/30 高岡大祐ソロ
先日BOILERZで最高のライヴを聞かせてくれたチューバ奏者・高岡さん
今度はソロで! 投げ銭ライヴです!
19:30頃START
at KOBA (袋町・STUSSY裏のビル・3F)
高岡大祐BLOG
http://d.hatena.ne.jp/daysuke/
KOBA 082-249-6556

10/6 EL FUELLE(エル・フエジェ)
佐藤美由紀(ピアノ)率いる、すてきなタンゴバンドです。
ケンジ&リリアナのかっこいい(かつ、笑える!)ダンスに
小倉から谷本仰(ヴァイオリン)もゲスト参加!
19:00 OPEN 19:30 START
at Cafe Teatro Abierto
3000円(1ドリンク付き)
EL FUELLE HP
http://www.miyukitango.com/
お問い合せ 082-873-6068 / 090-4896-0967(中山)

10/10 邦楽玉手箱
@14:00〜 A18:00〜
場所:国宝不動院金堂(牛田新町3-4-9)
前売3000 当日3500
若手邦楽アーティストによるオリジナリティ溢れるパフォーマンス
邦楽、あなどれませんよ、面白いですよ
お世話になってる「やけっぱち」マスター率いる広島風声会もオープニングに登場です
こういうイベントのときだけご開帳される重文・薬師如来像も是非この機会にご覧ください
お問い合せ:風声会事務局 082-228-6897

10/11 美宇宙の響宴
13:00 OPEN 14:00 START
会場:SHELTER69(広島市中区銀山町13-13 シャトレ3 5F)
前売3000 当日3500
前日の「邦楽玉手箱」メンバーによる
さらに和洋折衷なパフォーマンス
出演 URANAS(岩井卓也:尺八・中井智弥:二十五弦箏)
    code“M”(MAKI:ピアノ・樋口泰世:チェロ・相川瞳:パーカッション)
ゲスト 島村聖香(鼓)
お問い合せは同じく風声会事務局へ

森源太 ライヴ
10/23 西区民文化センター 14:00〜 19:00〜
    24 MGユースホステル上下町 19:00〜
某所で知り合った「どれみちゃん」よりの情報
「カンボジアの子どもたちの支援、地雷ゼロ、植林…
源太自身が肌で感じたものを、心を込めて届けます。」
大人1500縁 子ども500縁
森源太公式HP
http://www.morigenta.net/
お問い合せ:090-7132-3217(平日は18:00以降で)

11/6〜8
東京タンバリン「雨の匂い」
6日 19:00〜 7日 18:00〜 8日 14:00〜
アステールプラザ多目的スタジオ
一般2800 シニア1500 高校生以下1000 初日特割2000
東京タンバリンHP
http://tanbarin.sunnyday.jp/

11/20〜12/12 ヒロシマ平和映画祭2009
フツーの「平和」映画祭とはひと味違う
え、こんな映画まで? というバラエティに富んだラインナップで
色んな角度から、ヒロシマを、世界を、平和を問い直し、そして純粋に映画を楽しみ、交歓を楽しむ3週間
詳細は公式サイトでご確認を
http://sites.google.com/site/peanutsff/Home
11/29の似島上映+パフォーマンスに
単独旅行舎参加予定です

とゆーことで、「芸術」とか堅いことは抜きにして
音楽を芝居を映画を、とりあえず楽しみましょう。
政治家のマズい顔も見飽きたし実のない演説も聞き飽きたし(笑)

***

我が家は私もDさんも読書の秋にふけっている今日この頃です。
コミックですが愛読している「新・花のあすか組!」
最新刊が出たので早速読んだら、ストーリー的に「いよいよクライマックス」なところでこの巻おしまい。
その後に「あとがき」があって
「ひとまず、あすかちゃん、さよならです」って
え、、、、?
なんだこれはとネットで検索すると
どうやら連載していた雑誌が廃刊になって今回の単行本の終わりの方も
ネットで連載を書き継いでいたとのこと。
そうは言っても、そりゃないよ、な尻切れトンボぶりで
こりゃあファンは消化不良もいいとこですぜ。
まあ、コミックにはよくある話かもしれませんが
何とか書き継いでいってほしいなあ。
どっかの雑誌で拾ってあげてください!
ま、しかし、主人公のあすかちゃんはいつのまにか「永遠の中学二年生」となって
(中学生でないと成り立たない設定なので)
初期にはポケベル使ってたのが今はもちろん携帯で
ストーリー的にも数年経過してないとおかしいんだけど
やっぱりあすかちゃんは中学二年生のままで
登場人物は誰も歳を取らない「サザエさん」状態。
正直言って、作者もこの先どう続けて良いやら悩むところでしょうね(笑)
「花のあすか組」13巻、「外伝」3巻、「新〜」8巻にいたって
未だに「ひばり」が何者なんだかさっぱりわかんないし。

で、昨日今日で読み終えたのが松本清張の絶筆「神々の乱心」で
これは未完というのは知っていたんだけど、やっぱり読み終えてから
「ここで終わりかよ〜」(笑)
やっと事件の核心に迫ってきたところでおしまいですからね。
清張先生も人が悪い。

未完連発で相当消化不良になってます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ゲージツの秋、ライヴの秋 恵比寿大黒屋日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる