恵比寿大黒屋日記

アクセスカウンタ

zoom RSS まいった。

<<   作成日時 : 2010/09/27 01:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

黒田征太郎×谷本仰@門司・FOLGORE

海峡演劇祭の下見と打ち合わせもかねて
「Dialogues in the Dark」の「生みの親」でもあり
(親の予想しない育ち方をしたようですが・笑)
演劇祭のときに展示で参加もしてくださる湯浅さんと
門司での黒田征太郎×谷本仰即興ライヴへ。
FOLGOREという家具屋さんの倉庫(アトリエ?)で
壁画のライヴペインティング。
開演前、例によってトークを始める黒田さん。
客の目の前でパンツ姿になって足に湿布貼り出すし^^;
世界的なアーティストなのに、そんな偉そうなところは微塵もなくお茶目でいて
ナニモノも呑み込んで受け入れてしまうような底知れない器の深さ。
黒田、谷本、言うまでもなく何度見て聴いてもスバラシイのだが
今日は予定外の展開。
一番前で見ていた、ハンディキャップを持ってると思われる女の子に
途中で黒田さんがハケを渡す。
「さあ、どうぞ。描きたいんでしょう。描いていいんだよ」と無言でうながすと
彼女も躊躇無く楽しそうに、無心に線を引いていく。
やがてその中に「大すき」とか、文字が描かれ
いつの間にか彼女の描く方ばかりをこちらも無心に追いかけてしまっていた。
ふと、左側で描いていた黒田さんの方を見ると
その前に描かれていた絵はいつの間にか塗りつぶされて
巨大な黒いドクロが出現し
「自死 本当は七万人」の文字。
すると、黒田さんの描いているところは見ず一心不乱に描いている彼女が
朱や黄色が基調になった明るい絵の上に
「和」そして「うれしい」。
見えない何かに縛られて、生きることを自ら断ち切らねばならない人が
年間七万人もいるというこの国の悲惨で不可解な現実と
生きづらいはずのハンディキャップを抱えながら
自由に「描く」というただそれだけの行為に対する
純粋な喜びが表現される、その圧倒的なコントラスト。
はからずもあまりにリアルにさらけだされた「生きる」ということの本質。
「表現すること」の本質。
ただただ、そのような「生」を目の当たりにしていること
そのような「場」に遭遇できたことが嬉しくて、涙が溢れてくる。
思わず見入ってしまった彼女のペインティングだが
それを引き出し、この「場」を生み出したのは黒田さんの
その底知れぬ人間的な器の大きさ、深さであり
そこに感応し、かつ導いていく谷本さんの演奏であり
そしてまた、その「場」を成立させた、FOLGOREであり
スタッフや協力者のみなさんでもある。
人と人とが織りなし、支え合い、力を引き出し合う「場」の重要性を
このところより痛切に感じる。

打ち上げ会場に移動して、海峡演劇祭のことなども打ち合わせ。
話に夢中になって、帰りの新幹線の時間をすっかり忘れている私と湯浅さん。
制作の谷瀬さんに「そろそろ」と声をかけられて、ハッと気づいて会場を後に。
タクシーで小倉駅に着き新幹線乗り場に駆け上がったところでホームにこだまが入ってきた。
早すぎず遅すぎず絶妙なタイミングで仕切ってくれる谷瀬未紀の偉大な能力に
これまた脱帽&感謝。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
突然のコメント失礼します。

僕は黒田先生の横でペイントをしていた女の子の兄貴です。
今朝、親からこのURLが送られてきて読みました。

なんて書いたらいいかわからないんですが、、、
この日記を読んで、妹の成長など様々な事に気付くことができました。
本当にありがとうございました。

しょうた
2010/09/29 11:54
私も行きました!
いっぱいおもしろかったですねー!!
文章を読んでいると、いろんな感じ方がある!ち思いました!
佐藤
2010/09/29 18:37
ライヴペインティングに途中参加させて頂いた娘の母です。知的に障害のある娘ですが、あんなに一心不乱な姿を始めて目の前にし、私も主人も涙が溢れました。
恵比寿大黒屋さんのブログを拝見し、同じ様な想いで観ていてくださる方がいる事を嬉しく思いました。
本当にありがとうございます。
miyomama
2010/09/30 21:05
しょうたさん、佐藤さん、miyomamaさん
拙文、お読みいただいて恐縮です。
いや、本当に、あのとき世界の黒田さんを差し置いて
私の目は彼女に釘付けになっておったのですよ。
本当に素晴らしい時間を過ごさせていただきました。
彼女にもよろしくお伝え下さい。
つき@しにものがかり
2010/09/30 22:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
まいった。 恵比寿大黒屋日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる