恵比寿大黒屋日記

アクセスカウンタ

zoom RSS さてさて春

<<   作成日時 : 2012/03/23 00:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

数日前に今季初ゴキブリ目撃。
ああ、春だなあ、と思ったよ。

広島市内でもぼつぼつ早咲きの桜も咲いてます。
TwitterとBlogの中間的なFaceBookのおかげで
すっかりBlogの方の更新がご無沙汰で
多分アクセス数も随分減っていると思いますが
たまに呼んでくださっている方もありますので
たまには更新しないとな、と思ってます。

というわけで当面の活動予定を。
と言っても自分の出演はしばらく少なくて
受け入れもの中心ですが
つまらんもんは受け入れしませんので
いずれも良いものと自信を持ってオススメいたします。

3/24(土)
泉邦宏ソロ@カフェ・テアトロ・アビエルト
19:00開場 19:30開演
2500円(1ドリンク付)
こちらは受け入れという訳ではないですが
ホントにホントに素晴らしいので是非にのオススメです。
昨年はお客さん少なくて
非常にもったいなく思ったんですが
今年はもうちょっと入って欲しい。
元渋さ知らズのサックスプレイヤーですが
ライヴでは一人で同時に4つくらいの楽器を演奏したりのおかしなこともやったり
それでいてまた、サックスソロはしびれるほどかっこよく
はたまた三線片手の弾き語りが胸に染みます。
ホントにこれは聴きに来てほしいなあ。

4/20〜23
楽市楽座「宝の島」@尾長天満宮
投げ銭
今年もやって参ります。
親子三人、旅から旅への投げ銭野外劇。
歌あり踊りあり
おかしくて切なくて
それでいてしっかりとしたメッセージもあって。
広島市街を見下ろす尾長天満宮の境内というシチュエーション。
広島市民でも意外と知らない方が多いですが
広島で最も古い神社のひとつでもあります。
広島駅の新幹線口から双葉山の方にまっすぐ上がっていくところにあります。
老若男女楽しめて、気軽に楽しめる投げ銭芝居。
お参りがてら、ちょいとのぞきに来てくださいな。
ホント楽しいから。

4/29(日)
BEGGARS BANQUET@クラブクアトロ広島
17:30 Open 18:30 Start
前売2000 当日2500
出演
filmout 我龍+忍
EYESCREAM JET SET
rampton 若林美保
大槻オサム HEAVEN'S GATE
モンキービジネス 川村和枝

EYESCREAM JET SETのPV発売記念てことで
PVにも出演しているストリッパー若林美保を迎えてのライヴイベントです。
いつもPICOでの「真夜中の密会」でご一緒しているご縁にて
わたくしもとうとうクアトロ・デビューです(笑)。
川村和枝センセによるワカミホのライヴ・ヘアメイク・ショーもあります。
いやいや、なかなか面白いことになるんじゃないでしょうか。
是非みなさん、遊びに来て下さい。
前売り券、わたくしの方でも取り扱いしております!

5/4(金)
トリオ・ロス・ファンダンゴス「タンゴの節句」ツアーin広島
@カフェ・テアトロ・アビエルト
前売3500 当日4000
告知してるのは全部オススメなのですが
中でもイチオシとなるとコレでしょうねえ。
本場ブエノスアイレスで夜な夜なミロンガで朝まで踊っているタンゴ・ファンが
「アルゼンチンから遠く離れた日本人がどうしてこんな演奏ができるんだ!」
と絶賛したトリオ・ロス・ファンダンゴスと
世界的に活躍するケンジ&リリアナの華麗かつ趣向に溢れたダンスを
PA通さない完全生演奏で腹一杯堪能できるのは広島では1年でこの日だけ!
女房を質に入れても、ア○ムで借りてでも
仕事をずる休みしてでも、泣く子を置いてでも(さすがにそれはマズいか)
聴きに、観にくる価値があるライヴです。
GWはどこへ行こうかと今から考えている方もおありでしょうが
広島の方は迷わずアビエルトへ
県外の方はフラワーフェスティバル観光がてらでも
是非ともお聞き逃しのないように!

それから、ちょっと毛色が変わりますが
私もちょっとお手伝いしている関係で。
「死刑」制度を考えることを通じて
命や社会のあり方を考えるということで
死刑に関する映画の上映を春から秋にかけていくつか企画しています。
その第一弾として
これは死刑映画ではないですが
横川シネマで「311」公開に併せて来場される森達也監督のトークイベントを
4/8(日)に。
「311」のお話しが中心になるかもしれませんが
死刑問題についてもお話ししていただく予定です。
この日の上映は
14:30〜「A」
17:50〜「311
19:00〜森達也監督トークショー
となっております。
311後の東北の映像のみならず
そこにカメラを向ける自分たち自身にもカメラを向けた異色のドキュメンタリー「311」
オウム信者の側から、オウムを排除しようとする市民へとカメラを向けて話題となった「A」
とともに、森達也監督のトークをどうぞ聴きにいらしてください。
横川シネマでは、多くの死刑求刑事件で弁護人を務めてきた
安田好弘弁護士を追った東海テレビ政策のドキュメンタリー「死刑弁護人」も
6月以降に公開予定です。
死刑に賛成、反対いずれの方も
まずは死刑とはどういう意味を持った制度なのか
深く考える契機にしていただけたらと思います。


ということで、告知はここらで。
私自身はしばらく自分の公演は予定がはいっていませんで
今のところは4/29のクアトロ以外では
7月に「ホシハ チカニ オドル」の再演を予定しているくらいですが
先日までは結構踊っていました。
中でもアビエルトでの「乱葛:拡大版」はちょっとスゴかった。
いつもの「乱葛」(牧瀬茜・梶山シュウ・大槻オサム)に
シュウさんのオツレアイでピアニストのしーなさん
華道家・羽鳥智裕さんのライヴ生け花
マツザッキンのサックス、竹内章吾のギター
そして藤堂信行のライヴペインティングが
見事に、文字通り「乱葛」のごとくからまりあって
混沌かつ美しい、不思議な即興パフォーマンスが繰り広げられました。
初の試みでどうなることか
これだけ個性的な面々がどうからみあえるのかと期待と不安でドキドキしてましたが
(って、私自身はかなりみなさん信用してましたけれども)
いやはや、本当にすごい人たちが仲間でよかったなと幸せな気分でした。
お客さんの一人は「衝撃的であの後二日間くらい精神的に引きずってましたよ」とか。
まあ、やっぱりやるならそのくらいの衝撃与えたいもんですよ、ホントはいつでもね。
そんなのを、これからもどんどんやって行けたらと思っておりますので
よろしくお願いいたします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
さてさて春 恵比寿大黒屋日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる