恵比寿大黒屋日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 石垣島、花見、「311」

<<   作成日時 : 2012/04/08 14:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

とりとめなく、近況報告。

先週末は事務所の社員旅行というやつで恒例の石垣島でした。
ここ数年は正月に行っていたので
せっかくの南島なのに、肌寒いわ天気悪いわというのが多かったんですが
今回は久しぶりに気候の良い時期で
広島なら5〜6月くらいの気候。
3日のうち2日晴れたので快適でした。
初めて行くメンバーがいるときは
一応「名所」をひとめぐりするので
何度も行っているとこれが退屈なんですが
今回は初めての人もおらず
特別なメニューも組まなかったので
割合のんびりとした滞在でした。
ただし、行きは午前中仕事してから出発
帰りは早朝に広島に戻って仕事というゲッソリな日程でしたが。
食べるものもほとんど民宿でおばちゃんが作ってくれる料理を食べていたので
とりたてて沖縄料理をあれこれ食べたりもしませんでしたが
民宿のおばちゃんが目の前の海で穫ってきたアーサがとにかく旨かった。
冷凍にしたものを少しいただいたので
広島に戻ってからも使っているんだけど
ちゃんと白保の海の香りがするんですよね。
瀬戸内や日本海の香りとは明らかに違う。
同じ海でもそれぞれに固有の香りがあるのだとしみじみ感じながらいただいています。

昨日はシャリバリ地下大学関係者とアビエルトに出入りしている若い子たちでお花見。
大本営跡のど真ん中で。
サクラはちょうど見頃だったけど、寒かった。
しかし、いかに寒いとはいえ、15時くらいになると他の花見客は早々に姿を消して
日暮れまでやっていたのはうちらだけ。
昔は寒かろうとおかまいなしで夜桜までベロベロになって花見してる人たくさんいたのに
なんだかみなさんマジメになっちゃったなあ、と思います。
お花見シーズンくらいは日本全国無礼講祭りでグダグダになっちゃえばいいのにって思うんですけれど。
夕方解散直前に、スウェーデンからの観光客女性が二人
「Can you join us?」とやってきたので招き入れる。
寒いし、帰らないと行けない人もいたので、やがてお開きになると
「もう一杯どこかいかない?」としきりに誘ってくるので
私と後二人、国際親善のためにおつきあい。
結局3軒ハシゴするハメに。
宮島口に宿を取っているという彼女たちを市電宮島線の最終に無事送り出して
帰ると飲み過ぎと寒さで激しい頭痛に襲われしばらく眠れずうなっていました。
やれやれ。

今日はこれから横川シネマで映画「311」と森達也監督のトークショー。
「311」のお話しがメインですが、私もちょこっと関わっている
広島での死刑映画上映企画のことにも
少し触れていただくことになっています。

死刑制度には私は基本的に反対の立場ですが
大変フクザツでデリケートな問題でもあり
いろいろな意見や考え方があることはやむを得ないと思っています。
しかし、先日の執行などみても
執行の命令を下す法務大臣にとっては
単に執行の無い年を作りたくない
(執行予算の消化のためでしょう)という理由としか思えない
年度末ギリギリでの駆け込みで
たとえ死刑判決が確定している方とはいえ
そんな理由で人の命を奪ってしまうことにはやはり違和感があります。
これから何度かの機会に分けて死刑を扱った映画の上映をしていく予定で
アビエルトでは死刑囚の描いた絵画作品の展示も予定していますが
ちょっと関心を持っていただけたらと思います。
死刑制度を考えることは
命とは何か、ということだけでなく、国家とは何か、ということにも
大きく関わってくる問題です。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
石垣島、花見、「311」 恵比寿大黒屋日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる