恵比寿大黒屋日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ホシハチカニオドル 40公演到達

<<   作成日時 : 2017/09/25 00:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ヴァイオリン・谷本仰さんとの一人芝居ユニット
TremoloAngelos名義による「ホシハ チカニ オドル」
先日の長崎公演でついに40公演に到達しました。

画像


3箇所目の福岡公演で
谷本さんが思わず「100回公演を目指します!」と宣言しちゃったときには
まさか本当にここまで続いていくとは半信半疑でしたが
2010年の初演から7年かかったとはいえ
40回を現実にこなしてくると
ちょっと「100回」が現実味を感じられるところまで来た気がします。
年齢を考えると
もう少しペースを上げないと
いつどちらかのカラダにガタが来るかわかんないですが^^;

画像


今回の長崎公演は
平和資料館の隣にある
平和会館ホールでした。
特別に意識はしませんでしたが
「核」の問題を扱ったこの作品にとっては
意味のある場所。
7年目ではじめての長崎公演というのは
遅かった気もします。
ホールは500人以上入る大きな会場で
ステージ幅も多分過去最大の広さ。
でもはじめての公演地でふたりともなじみもあまり無く
集客的にははじめから厳しいものと思っていましたので
広い会場にお客さんがチョボチョボでは
寂しい感じになるかなあ、という不安もありました。
で、実際観客数はあまり多くは無かったのですが
不思議と閑散とした感じはしなかったですね。
天井もかなり高かったせいもありますが
かえって暗転すると
広い野外で焚き火に集まっているような
静かな温かい親密感に包まれていました。
場所のせいだけでも無かったのでしょう。
公演地や時期によって
作品の受け入れられ方は少しづつ違うのですが
ここ長崎では東日本大震災―福島第一原発事故のすぐ後だった
福岡公演以来というくらい
作品の世界にお客さんがすーっと入り込んでくれている感覚がありました。
同じ被爆地でありながら
どちらかというと広島の陰に隠れて目立たず
原爆のキズアトをぐっと心のうちに秘めて向き合ってきた長崎
ゆえ、なのでしょうか。
あるいは古くから港町として
多様な人々と異文化を受け入れてきた
土地柄によって育まれた地域性なのでしょうか。
合間に会館の地下にある歴史民族資料館を訪れると
長崎と中国・オランダ・ポルトガルとのかかわりについて
資料と年表が展示されていました。
それを見ながら
ふと、戦争前から多くの中国人が移り住んできていた長崎で
戦争中、彼らはどういう扱いを受けていたのだろうかと考えました。
戦時中に強制連行された労働者については
自分自身、関心を持ってきたのですが
もともと住んでいた人たちについてはあまりよく知らないことに気がつきました。
展示資料や年表にもそのことは何も書かれていません。
それで取り急ぎスマホで検索してみると
数年前の新聞記事が見つかりました。
戦争前から長崎で中華料理店を営む中国人の方へのインタビューで
その人は祖父から聞いた話として
「戦時中も長崎では華僑は変わらない暮らしを続けていた」
「長崎の人の懐の深さを感じる」
ということが書かれていました。
長崎には、やはりそんな気風があるのでしょうか。
江戸時代のキリシタンが
厳しい弾圧を逃れて信仰を維持し続けられたのも
そういう土地ゆえだったかもしれません。

アフタートークにゲストで着ていただいた
林田さん、古賀さんとのお話も
この作品の大切なキーワードが次々出てきて
短い時間では話が尽きないくらいでした。
ありがとうございました。
長崎は、近いうちに必ず再演に訪れることになると思います。

画像


長崎といえば「皿うどん」で
もちろん滞在中に何度も食べたのですが
打ち上げのお蕎麦屋さんで食べた「皿そば」がまたおいしかった。
卵やとろろもついてくるのですが
お塩だけで蕎麦を味わうのがなんとも美味!

画像


そして長崎公演の受け入れをしてくださったのは
ドラマーの長沢哲さんと
おつれあいでアーティストであり
「雪の浦手造りハム」を営む暁さん。
ここのハムがまた格別なのです。

画像


長崎においでの方は是非お立ち寄りください!

それにしても
7年40回講演を続けても
全然飽きもしないし古くもならないどころか
どんどん深みを増し続けている感のある「ホシチカ」。
次回公演地はまだ未定ですが
来年もあちこちにこの作品をお届けしたいと思っています。
どうぞよろしくお願いします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ホシハチカニオドル 40公演到達 恵比寿大黒屋日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる